格安スマホ

おすすめの格安スマホやデメリットについて自分の経験談です。

格安スマホでwifiはac?

 

 

格安スマホを買った方でwifiを同時に購入する方も多いと思います。

 

格安スマホは基本的に通信量が多くなるとその分月額の料金も高くなるので、WiFiを別で契約することでリーズナブルな格安スマホを買うことができます。

 

でもそのwifiを買う時ですが、少しだけ着目してほしいポイントがあります。

 

 

①通信規格

Wi-Fiの通信規格で最新のは「11ac」という規格になります。

 

一番最新なので通信の速度も一番早く、またiPhone6/6 plusも対応しているので、家電量販店やアマゾン等で買う場合は必ず「11ac」という規格が対応したものにしましょう。

 

②アンテナ数

 

アンテナの本数が多いと電波が比例して強くなっていきますが、価格も比例して高くなっていきます。

 

そこまでネットを使わないという方は2本で十分ですが、そこそこ使うという方は一番主流の3本のを買っておいた方が良いです。

 

③電波の飛ばし方

 

また、無線ルーターのアンテナには大きく2種類あって以下のような違いがあります。

 

・全方向性→360度どこにでも電波を飛ばせます

・指向性→一つの方向に非情に強い電波を飛ばせます。

・ビームフォーミング→特定のデバイスに優先的に電波を飛ばす

 

家の中にいくつかネットを使いたいデバイスが散らばっている場合は全方向性のほうが良いと思います。

 

このようにwifiルーターにも規格やアンテナの違いがあるので購入する際の参考になれば幸いです。